読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設定ファイルを bitbucket で管理する

いつかやろう,やろうと思ってた設定ファイルの Web 上での管理をやってみました.

いろいろな環境で同じ設定を使ったり,バックアップのやり忘れをさけたいといった場合は Web 上での管理がいいと思います.


管理には bitbucket を使うことにしました.

Python が好きなので.


そして,Mercurial デビューです (*'ω')b

手順


まず,bitbucket のアカウントがないと始まらないので取得します.

次に,[Repositories] から [Create new repository] を選択してリポジトリを作ります.


bitbucket にリポジトリを作ったら,ローカルに作業ディレクトリを作ります.

ここに設定ファイルをおくことになります.

% mkdir path/to/working/directory
% cd path/to/working/directory


bitbucket のリポジトリから clone をして作業ディレクトリにローカル リポジトリを作ります.

% hg clone https://{USER_NAME}@bitbucket.org/{USER_NAME}/{REPOSITORY_NAME}
% cd {REPOSITORY_NAME}


ローカル リポジトリのディレクトリに bitbucket で管理したい設定ファイルをコピーします.

% cp -rf ~/.emacs.d emacs.d
% cp ~/.zshrc zshrc
などなどをコピーする.

.elc とか管理したくないファイルは .hgignore というファイルをリポジトリのルートにおいて,その中にいろいろ記述するといいです.

ちなみに今回自分が作ったのはこんな感じです.

syntax: glob
*~
*.elc
*.pyc
.DS_Store
Thumbs.db
ac-comphist.dat
auto-save-list


リポジトリのディレクトリにコピーしたファイルを add して,commit して push します.

% hg add *
% hg commit -m
% hg push https://{USER_NAME}@bitbucket.org/{USER_NAME}/{REPOSITORY_NAME}


最後に,ローカル リポジトリのファイルのシンボリック リンクをホームディレクトリに作ります.

% ln -s emacs.d ~/.emacs.d
% ln -s zshrc ~/.zshrc

参考サイト

今回参考にしたところを紹介しておきます.


それと自分の設定ファイルも