読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacPorts で virutalenv, virtualenvwrapper を導入

明日の Python 東海のハンズオンの準備のため,MacPorts で virtualenv, virutalwrapper を導入した.

http://groups.google.com/group/python-tokai/web/12


とりあえず port install

% sudo port install virutalenv-2.6
% sudo port install virutalenvwrapper-2.6
% ln -s /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/virtualenv /opt/local/bin/virtualenv
% ln -s /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/virtualenvwrapper_bash /opt/local/bin/virtualenvwrapper_bash

virtualenvwrapper が virtualenv という名前のコマンドを要求するため,シンボリックリンクをつくる.
virutalenv-2.6 を入れるだけだと,/opt/local/bin/virutalenv-2.6 がつくられるだけみたい.
ついでに virtualenvwrapper_bash のシンボリックリンクもつくっておいた.


次に仮想環境を入れておくディレクトリをつくる.

% mkdir ~/.virtualenvs


最後に .zshrc なり .bashrc に以下のように追加.

## Python
# virtualenv
export WORKON_HOME=${HOME}/.virtualenvs
if VIRTUALENVWRAPPER=`which virtualenvwrapper_bashrc` ; then
	source ${VIRTUALENVWRAPPER}
fi

virtualenv の使い方は他のサイトにいっぱい載ってるのでそちらで.